スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もらい事故

2011年11月5日土曜日に追突されましたよ!

自分用の日記として、とりあえず事実をば。

赤信号で俺完全に停車中、後ろから追突された。
相手はブラジル人の主婦、助手席にそのオカンとおもしき人物。
この時点でめんどくさいことに巻き込まれたと直感。

まず、降りてこない。
俺が先に降りて声をかけるも片言で「ぶつけちゃいました」の一言のみ。
謝罪なし。

警察を呼ぼうとするも止められる。
「チョトマテクダサイ。イマシュジンガコチニムカッテマス」
あーそうですか、そんなことはどうでもいいから警察呼びますよ、と言うと
「チョトマテクダサイ。イマシュジンガコチニムカッテマス」
なぜ呼んじゃだめなんですか?と聞くと、主人に電話して私に代わりました。

とりあえず旦那らしき電話相手に、警察呼んでいいですか?と聞くと
「うーん、わかりました」との返事。ちなみに旦那もカタコト。
なんで警察呼ぶのに許可とらなあかんねん!

とりあえず警察に電話。
「自走できるなら最寄の交番に来てください。その際に相手に逃げられないように
相手の連絡先、ナンバーなどを控えてから行動してください」との指示。

幸い目の前に交番があったのでそこへ向かう。
対向車線側かつ中央分離帯があるのでUターンできるとこまで向かうも
相手はなぜかそのまま右折してしまった。

逃げられたかと思ったが、技術的にUターンできないだけらしい。
とりあえず駐車場に入って交番への行き方を説明する。
そしてやっと交番到着。

しばらくして相手の旦那らしき人も到着。
事情聴取開始。
免許、自賠責、車検証を提出し、名前や会社名などを答える。
相手のを聞いていると、まさかの日本名。苗字も名前もまんま日本人の
名前。顔はおもいっきりブラジル人なのに。
旦那も名前は日本人、しかしカタコト。

警察からの「任意保険入ってる?」という問いかけに対して
入っていると答えてたので一安心。しかし今は保険会社がどこか
わからないとのこと。

とりあえずここではこれで終了で後は当事者間でやり取りしてくれと
警察に言われ、連絡先など交換して解散。
交番を出る前に保険会社に連絡を入れる。土日は休みなので月曜
に担当が決まる、決まり次第連絡をくれるとのこと。

その際に、相手は私の車の破損状況をチェック。
私は相手に「私が止まっているところに一方的に追突してきた」ことの
確認をとる。これは事故直後にやっておくべきだった。

相手の車はナンバープレートが曲がった程度。
俺の車は後ろのバンパーがかなりへこみ、トランクもへこんでいる。

帰宅後首辺りに違和感。まぁあれだけの衝撃だから何かしらのダメージは
あるのだろう。
さらにトランクの鍵が回らずあけられないことに気が付く。

次の日(日曜日)、昨日よりも首周りの違和感。そして頭痛発生。

そして今日月曜日、会社に言って上司に報告。
上司にすぐに病院に行くように言われ、午前半休にしてもらって
病院へ。

ところが、病院では契約かなんかあるのか知らないが、請求できない
保険会社があるらしい。相手の保険会社によってはこの病院で発生した
料金を請求できない。ということで相手の保険会社がわからないと診察を
うけられないとのこと。

とりあえず自分の加入している保険会社に電話して相手の保険会社が
わかんなくて受診できないのでどうしたらよいかアドバイスを求めたところ
こちらからも相手に電話して聞いてみるので、まずはご自身で相手に電話
して聞いてください、といわれた。

すぐに相手に電話するとカタコトの女がでた。本人らしい。
保険会社名を聞くと「ワカラナイ」の一点張り。
保険会社に電話しましたか?と聞くと「シタ」といので、
なら発信履歴にあるはずだから電話番号を教えてくれと言うも
「ワカラナイ」。
しかも「イマ高速道路にイルカラ電話デキナイ」
「イマ旅行中ダカラ」とか言ってくる。
俺は、あなたの保険会社がわからないと病院で受診
できないんです!っていったんだが、これによてあいてから
驚きの発言が!!

「ナンデ病院に行くンデスか?」
「チョトぶつかっただけなんだから病院必要ナイヨ」

うるせーわ。大体実際に痛みが出てるんだし、痛くなくても
事故にあったら検査するのが普通だろうが。
と言いたかったがあきれてものも言えませんでしたわ。

とりあえず最悪の相手にぶつけられたことを確信。

ここで相手はもう少し日本語が話せる旦那に交代。
電話の発信履歴から番号を教えてくれと言うと、
「電話は事務所の電話からかけたからわかんない」
「事務所の人にやってもらった」
とか何とか言っていた。

俺ももう埒が明かないと判断して、私は保険会社からの連絡を
待つしかないんですね?というと「ハイ」というのでしょうがなく
電話を切り、病院の診察は諦めて再び会社へ。

仕事をしながらもどうしようか考える。

「今旅行中で高速道路にいる」と言う発言。
旦那に電話を代わったということは二人一緒に居る。
今日は月曜日。平日。

もしかして二人とも無職?任意保険入ってるってうそじゃねーの?
最悪だー。最悪だー。かなり落ち込む。

とりあえず昼過ぎにもう一度電話してまだわかんないって言うなら、
もう一度俺の保険会社に電話してアドバイスを聞いてみようと
決めた。

そして昼休み。

相手に電話するも出ない。何回かけても出ない。
これは多分無視を決め込んでいるに違いない。絶対に。

しょうがないので自分の保険会社に電話。
話を聞くと、担当の人も相手に連絡してみたが出ないとのこと。

あいつは俺の電話と俺の保険会社からの電話を無視するつもり
か。これは裁判まで発展するのか。。。

相手への連絡は諦め、とりあえず保険会社のアドバイスを聞く。
俺が入ってる保険をつかって医療費だせる(もちろん俺の等級には
一切影響しない)ってことなので最悪それを使うことに決めて、
これから病院に行くことを決める。

で行く準備をしていると俺の保険会社から電話が。
「相手につながって保険会社がわかりました」とのこと。
なんで俺が電話したときは旅行中で高速にいるからシラネ、って
言ってたのに今わかってんだよ!と疑問が浮かんだが、
とりあえず相手の保険会社がわかって一安心。

そして病院へ。
レントゲンを見ると事故による怪我が映し出されているではないか。
やっぱり自分で大した事ないと思ってもすぐに病院に行くべき。
まったく自覚症状無くても行くべきだ。

診断書をもらって、今度は警察へ。

警察に言って診断書を提出し、また細かい事情聴取。
これによって物損事故から人身事故に切り替わった。

そして今度は自宅に戻り、車を修理するためにディーラーへ。

軽くチェックしてもらったところ、今の車の価値より修理代が上回る
可能性が結構高いとのこと。

まじかよ。。。

そうなった場合、車の価値分しか支払われないため、
残りを自己負担して直すか、直すのをやめるのか。

しかも台風の影響で車の修理予約がいっぱいらしく、
今予約しても修理には1ヶ月以上かかるとのこと。

はじめは代車いらないって言ってたけどそんなにかかるなら
代車くれと言っておいた。

追突されなきゃ問題なく乗り続けられた車なのにと思うと
むかついてしょうがない。

そもそも謝罪は一切ないし、病院行くなといってくる辺りから
相手に誠意はない。
相手は自分の車は衝撃もあまり感じず被害もほとんどないから
俺も大した事ないと決め付けているみたいだが、俺は軽自動車
だし、追突の衝撃は結構大きかったと思う。実際に怪我した訳だし。

警察にはしっかり刑事処罰していただきたい。

今は車がどうなるかだけが心配。
最悪の場合10万は自己負担になるかもしれない。

あーーーーームカつく!!!!!!

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

のぶマスク

Author:のぶマスク
ようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。